「歩み」

 

作詞/ミノシマシンゴ 作曲/ミノシマシンゴ 編曲/木村正英

誰よりも輝きたくて ここまできた 

立ち止まって考えてみた

新しい家族連れ 話す友 出世する同期

乗り遅れた電車を見送るような  

寂しさ感じた

結果が出ない日が続く

冷たい夜の中で涙した

時には嘆いてもいい 叫んでもいい 

正解なんてないから

今 描いていた 未来とは 少し違う 

でも 明日も 前に一歩ずつ

雨が降っても 風に吹かれても

どこかで待っている誰かの元へ

期待という名の荷物 捨て

飛び出した故郷 夢中で歩み始め

先の見えない道を進んでった

僕は僕のままで 

それだけを糧に 進んできた 

どこまで行けばいい 歩む先は

真っ白な地図に答えはないから

今 描いていた 未来とは 少し違う

でも ずっとずっと 一歩ずつ

歩みを止めず 今を全力で

限界はないよ 僕の道に

闇雲に突き進む内 立ちはだかる 

最後の痛み

それこそが明日への 道標

君の壁 壊せるんだ

今 描いていた 未来とは 少し違う

でも 僕は前に 一歩ずつ

雨が降っても 風に吹かれても

どこかで待ってる 誰かの元へ

歩みを止めず 今を全力で

限界はないよ 僕の道に

  • Twitter Social Icon
goose-new1_edited.png

© 2018 by KUDOKIMU LABEL