「ひとつの証」

 

作詞/工藤秀平 作曲/工藤秀平 編曲/K.K.

今日一日が終わっていく

達成感はないけど 前に進めたかな

「頑張れ」って言葉も皮肉に思えて

「どうしたらいい?僕に教えて」

 

駅のホームやけに広くて 

なんだかこの世界に

取り残された気がするんだよ

 

胸の痛みはその涙は

「君が頑張ったひとつの証だって」

分からなくても言い聞かして

輝く明日を夢見て生きてくんだ

崩れたって かまうもんか

明日は笑えるから まだいけるさ

 

昨日に戻れないルールを 

知っているからこそ昔と比べてしまう

ズルい手段や方法で 

勝ち上がることはしたくない

 

街の交差点 

信号は青でも足がすくんじゃって

あと一歩が踏み出せないんだよ

 

迷う気持ちは、そのため息は 

前に進んだひとつの証だって

頼りなくても自分信じて

輝く明日を夢見て生きてくんだ

笑われたって 見返してやるから

今と向き合っていこう ゆっくりでいいさ

 

胸の痛みはその涙は

「君が頑張ったひとつの証だって」

分からなくても言い聞かして

輝く明日を夢見て生きてくんだ

崩れたって かまうもんか

明日は笑えるから まだいけるさ

  • Twitter Social Icon
goose-new1_edited.png

© 2018 by KUDOKIMU LABEL