「オワラナイヨウニ」

 

作詞/工藤秀平 作曲/K.K. 編曲/木村正英

世間では終わり告げる 残暑の季節が到来

この夏も君といれて 幸せでした ありがとう

左手に君の右手 右手にバケツを持って

公園に今日も2人 花火に火を点ける

 

「どっちが長くもつかな?」って笑う

君の笑顔見ていたら 僕の火が先に落ちた

 

いつかは線香花火のように

全てには終わりがある って分かってるから

僕らは精一杯 誰かを愛していくんじゃない?

 

それが僕にとっては君なんだって思う

 

僕の価値を今、仮に100とするのなら

君にはまだ僕の2%ぐらいしか見せられてない

 

いつかは線香花火のように

全てには終わりがある って分かってるから

僕らは精一杯 誰かを愛していくんじゃない?

 

それが僕にとっては君なんだって思う

  • Twitter Social Icon
goose-new1_edited.png

© 2018 by KUDOKIMU LABEL