「その涙が止まりますように」

 

作詞/工藤秀平 作曲/K.K. 編曲/木村正英

どうしてだろう 見たくないものが

君の瞳に映ってる

目の前まで走って やめろと叫んでも

こぼれた綺麗なもの

 

何もできない こんな僕に

ありがとうって言ってくれた君に届けなきゃ

 

僕の声がなくなる日に

君には笑っててほしいよ

言葉だけじゃ変えられない

世界なんて嘘だよ

この声が 消えたって

この歌で その涙が止まりますように

 

してくれたこと 言ってくれたことを

ちゃんとね 心が記録して

ページを戻ったら 僕が泣きそうだから

つづきを書き続けてる

 

ずっとそばに 本当はいたいよ

でもそれじゃ君に甘えちゃうから

じゃあまたね

 

離れている場所にいても

僕らを繋ぐその糸を

握っていて 僕がすぐに

手繰り寄せるから

この糸は 切れたって

また結べば すぐ会えるよ 忘れないで

 

もしそれでも

耐えられない夜が襲うのなら

星空を見上げるんだ

涙止めてくれる魔法だから

 

僕の声がなくなる日に

君には笑っててほしいよ

だって君の笑顔でほら

ここまでこれたから

この声が 消えたって

この歌で その涙が止まりますように

  • Twitter Social Icon
goose-new1_edited.png

© 2018 by KUDOKIMU LABEL