「勇者の行進」

 

作詞/工藤秀平 作曲/K.K. 編曲/木村正英

五分前とは言ってること 

違うそんなペテンばっか 溢れてるこの街

僕は胸に言いたい事

しまいこんで勇者のよに 人ごみ掻き分けていく

 

剣をふりかざしてくる敵に

ちゃんと相手なんかしたら 馬鹿馬鹿しいからさ

タンスの奥にしまってきたよ でも内心いつもびびっている

 

会いたい人がいる 見せたいものがある

 

誰もが不安で震える夜がある 僕だって 君だって

不条理な世界でも素晴らしい世界だ 信じてる 信じてく

 

日が暮れて雨が降りだした

「ついていない」やけになって 走り始めてたら

通り雨で虹がかかり 道が少し見えてきたんだ

 

八方塞がり打つ手もない しかし戻る道もない

 

「規則を無視してズルをしてしまえ」 

聞こえるよ 悪魔の声

逃げるぐらいなら散ってみせるから 

邪魔するな 僕は行く

 

もし君が僕を嫌いでも 

それはそれでこれはこれで

かまわないしかたない 

でも出会いの意味知らず

息を止める日がくるなんてやだよ

 

君にしか出来ない僕にしか出来ない 使命がある 果たすまで

辛さも痛みも涙も怒りも 僕のため 君のため

 

誰もが不安で震える夜がある 僕だって 君だって

不条理な世界でも素晴らしい世界だ 信じてる 信じてく

届けたい 届けにいく

  • Twitter Social Icon
goose-new1_edited.png

© 2018 by KUDOKIMU LABEL